So-net無料ブログ作成

unmatch

DSC_4065.JPG 

 下半身にサワサワとした感触・・・

 私の下着の中に大きな

     「ノコギリクワガタ」が入って来る夢をみて

  慌てて飛び起きた朝…^^;


 「はぁ~夢かぁ~[たらーっ(汗)]


    「夢で良かった~[ダッシュ(走り出すさま)]

           でも怖かったなぁ~」(笑)

DSC_5671.JPG


 最近、何年か振りにライディングジャケットを購入しました。


 私がメインで着ているオンロード用ジャケットも


 かれこれ15年近くになりさすがにくたびれてきまして
               (着すぎです!)

 更にはデザイン的にも厳しい状況に・・・^^;


DSC_4107.JPG


 そうなんです!


 最近リターンライダーさんとかが増えて


 中高年ライダーが誇らしげに道の駅とかに蔓延していますが


 いかにもここ数年で乗り始めた感の強い方によく有る傾向で


 「ウェアが浮いている感」がひしひしと伝わって来ます(笑)

DSC_4123.JPG


 どう云う事かと言いますと


 ライディングジャケットで昔よく流行った


 「黄色いトウモロコシ~」や「神父損!」など


 いわゆるチョイ派手目系のジャケットです


 私も昔は「黄色いトウモロコシ!」ジャケットを着ていた事は有りましたが


 四半世紀程前の話しで若い頃はまだしも


 派手目系のデザインも流石に50前後ともなると厳しい感が・・・(笑)


 道の駅とかで観察しているとやはり「浮いている感」がある方をよく見かけます。


 派手派手のジャケットの上に乗っかってる白髪頭や禿げ頭、更には


 完全的中年体系の方でパッツパツの「神父損!」だったり・・・(笑)


 タンクにお腹を載せた「黄色いトウモロコシ!」だったり。。。

DSC_5696.JPG


 まぁ個人の自由なので何を着ようが個人の勝手では有りますが


 ほらっ!信号待ちで隣に並んだ車から指さされてませんか~
                     私は指します!(笑)


 私も最近特に感じるのがオッサン化が進行すると


  デザイン的な「ウェアと私」の


 「アウト!」or「セーフ!」が厳しくなり


 「ココまでならOKゾーン」が段々と縮小して


 「やっぱり無理!」が拡大して来た様に思えます・・・Orz

DSC_5573.JPG


 20年前ならこれでも行けたんだけどな~加齢には勝てません…Orz


 ウェア選びは必ず試着して(ネット購入は特に注意が必要)


 鏡に映して更には第三者の視覚的助言を受けて


 ウェア選びはしたいものですね!


 でもコノ歳で「ロッシパーカー」を着てたり・・・信者の証?!(笑)


   

nice!(10)  コメント(8) 

メンタルセーブ

P1060740.jpg

(懲りもせずまた日光サーキットの走行会に行って来ました)


 コーナーを立ち上がると


 目の前にはレッドフラッグが振られていた


 その先には1台の車両が横たわっているのが確認出来た。

P1060744.JPG


 「CBR1000RR」最新型


 メーカー希望小売価格でも200万円超えの代物だ


 ハンドルが折れて多分カウルもガッツリと逝った感じで・・・

P1060747.JPG


 私のエントリークラスは初心者コースの走行会


 なのでそんなに熱くはならないはず・・・ですが


 心理的に追いかけたくなるのがライダーの心情(笑)


 確かに速い車両が遅い車両に抜かれたりしたら悔しいのは分かりますが…


 ソコは冷静になって大人の対応でマイペースです!

P1060752.JPG


 でも最近のバイクってとても高価ですよねぇ~


 私のブサ(中古)ですらこんなに高価なバイクは

 最初で最後だなと思ったぐらいでしたが


 皆さんお金持ちの様で3桁万円しかも×2倍

P1060759.JPG


 出走前にカミさんから


 「あと3年は子供の学費を払うんだからね!


     コケたら知らないよ!」


 ・・・と釘を刺されての出走となりました(笑)


 当然そんな事は分かっていますし大事な車両です


 やっとの思いで手に入れた車両をみすみすコカしたりは


 誰だってしたくないですよね~(オフはよくコケますが(笑)^^:


 だから私の場合はコーナー手前で、あのVロッシも顔負けの?!

     ハードブレーキングが出来るのです!
            (人はコレを根性無しブレーキングと云う?!)

P1060768.JPG


 迫り来るコーナーアプローチ、シフトダウンからの体重移動


 そこで呪文を唱えます!


 「もしコケて会社休んだり仕事に穴開けたりしたら~」

 

 「来年度の子供の学費の支払いは大丈夫なのか~!」


  「必殺!学費ブレーキーング!」(笑)シッカリ減速~!!


 皆さんもメンタルテクニックで愛車を大切に! ←私が一番危ない^^;




nice!(9)  コメント(6) 

意に反して

P1060734a.jpg

 

 「あ”~今週の週間天気予報に

     晴れマークが1個も無いって…Orz」


 何でココぞ!という時に意に反してこうなるの~(泣)


 今週はガンガンに走り回るぞ~!


 って思ったら、御袋さんが検査入院するって…^^;


 お盆なのに~[exclamation&question][あせあせ(飛び散る汗)] トドメがこの週間天気予報で撃沈[ダッシュ(走り出すさま)]

 

P1060739a.jpg

(T代山林道は晴れ→くもり→雨)


 そんな中の昨日、天気は晴れ有り曇り有り雨有りの中


 林道散策に行ってきました! NEWタイヤなのでウキウキです!


 1本目は七〇岳林道ですがダートINして直ぐに雨…Orz


 雨の林道も嫌なのですぐに引き返し


 福島側からYヶ森林道調査に入りました。

P1060731a.jpg
(Yヶ森林道は相変わらず復旧作業は進んでいません)


 Yヶ森林道はその景観の美しさから人気の林道で


 私も大好きな林道の1つです、が・・・


 昨年の大崩落以来来ておらず、「その後調査です!」


 一人林道ツーの鉄則・・・「迷ったら行かない」


 まだ子供の学費を払う身なので潔く撤退します(笑)

P1060732a.jpg
(崩落だらけでした^^;)


 3本目は有名なT代山林道です!


 ココは車も入って来る高速ダート


 今回はカッ飛びジムニー軍団がいました^^;
          危ない危ない[あせあせ(飛び散る汗)](アナタもネ!)


 私も十分に注意しながら

 

 「そこそこのペースで楽しみます」(笑)

              (ソコソコって?!)

 

P1060729a.jpg
(ラインはココからタイヤ2本分に、

   ダートINして10kmポイントで引き返します)



 お気に入りのコーナーめがけて突っ込んで行くと…^^;


 「[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)][たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]・・・」


 「舗装になってる~[あせあせ(飛び散る汗)]」…Orz


 オフロードあるあるが出来ないよ~^^;


 林道の舗装化を喜ぶ人とそうでない人・・・


P1060728a.jpg

(いたる所で崩落が…^^;)


 まぁ群馬県の漫画で超有名になった峠は


 舗装道路なのにコーナーでは波うってる施工がされてたり(笑)


 凸凹があってイイ所とそうでない所、


 なかなか難しいものですね~(笑)


 *****林道走行は大変危険を伴います、安全運転、自己責任で!*****


 

nice!(15)  コメント(6) 

残していったもの

IMG_20170731_ss.jpg 

 今回の件でコメント頂いた皆様、有り難うございます。


 私もイイ歳したオッサンですが


 今回ばかりは、今回ばかりは、


 涙腺のバルブが壊れてしまいました・・・


 「たった一匹のネコ」ですが


 我が家では皆が癒されており家族の一員でした。


 こんなイイ歳したオッサンでも連日ふと油断すると


 涙腺バルブがすぐ緩んでしまい・・・(笑)

PIC000105ss.jpg


 笑い話で「親が死んだ時より辛かった!」なんて言いますが(笑)


 ちょっとだけ分かる様な気もします?!^^;


 朝も一緒に起きて、夜寝る時も一緒に寝てた彼が・・・


 常に一緒にいた者が突然にいなくなってしまう


 居て当然の者が忽然と姿を消す・・・


   辛いです。


 でも彼は強かった、こんな憔悴した家族の顔は望まいはず、


 楽しかった彼との思い出を心の支えとして前に進みます!


IMG_20170625_ss.jpg


  まだまだ走り続けます!


  「彼の為にも!彼の分も!」

 

                励ましのコメント有り難う御座いました。

                           河原








残されたもの

PIC000044s.jpg


 病名を宣告されたのは2週間前だった


 カミさんが仕事から戻ると


 彼はリビングで倒れていた


 すぐさま病院へ搬送され一命は取り留めた


 昨日までは元気だったのに・・・


  「急性白血病」 


  いわゆる血液の癌だった・・・


 「何故彼が・・・」 やり場の無い悔しさがこみ上がった。


 診察台の上で小刻み震える彼に3本もの注射が打たれる


 痛みと恐怖で唸り声と威嚇の声を発する彼


 「出来る事ならもう止めてくれ」


 こんな衰弱している身体に3本も・・・

PIC0000D5s.jpg


 10日目の早朝、呼吸器系がやられたらしく


 私の枕元で肩で息をしていた


 夜間救急の動物病院も24:00までだが


 ダメ元であたってみるが無反応


 段々と呼吸が粗くなりそして弱くなって行く・・・


 「お願いだ!なんとか持ち応えてくれ!」


 そんな時にかかりつけの病院からのCALLBACKが入る。


 「すぐ連れて来て!」

 

PIC0000B5s.jpg

 エコー検査の結果


 肺に水が溜まり肥大化を起こして心臓を圧迫している


 おそらく、リンパ腫を併発しているだろうとの事だった


 残された選択肢は3つだった


 ①・・・肺に注射で水を抜いて抗がん剤治療を行う

       この衰弱した身体が持ち応えらるのは難しく副作用も


 ②・・・ステロイド剤と利尿剤の注射で水分を少しでも外へ

       一時的に状況を改善出来るが暫定処置でしかない


 ③・・・    安楽死

    

 どれも今の私に選べない選択肢だった


 何故なら全ての答えの結末が同じだから・・・


 衰弱し抵抗する力も無い身体に2本の注射が打たれる


   ②の選択だった・・・


 家に戻り少しだけ安定を取り戻した彼


 河原Jrも慌てて駆けつけてくれて見守ると


 今まで苦しがっていた彼が落ち着きを取り戻した

P1060457s.jpg


 翌日早朝、症状が再び悪化


 よろよろした足取りももう限界


  最期の時が来た・・・


 辛そうな表情と共にかすれた声で私を見つめる


 彼の手を握り声をかけ続ける


 「また寝ている俺の顔を咬みに来いよ!」


 何度も最後の力を振り絞って寝返りを打つ彼


 呼吸が弱くなり軽い痙攣が起きる


 3度目の痙攣と共についに彼の呼吸は止まった・・・

PIC000167s.jpg

 7年前に我が家に来た彼


 最期まで咬み癖が治らなかった彼


 寂しがり屋でわがままで気まぐれの彼


 いつも皆を癒してくれ笑顔にしてくれた彼


 あまりにも早すぎる突然の別れで未だに受け入れられない俺


  最期まで勇気を持って病魔と闘い抜いた彼 


   もう苦しく無いよ・・・


     7年間、有り難う!


IMG_20170727.jpg